ダイエットのための筋トレは大きい筋肉から優先的に鍛える

ダイエットのための筋トレは大きい筋肉から優先的に鍛える

筋トレを始める理由は人それぞれですが、その中でも「ダイエットの一環」で筋トレを始める人は非常に多いのではないでしょうか。

 

筋トレによって、筋肉組織が肥大化することにより、基礎代謝は上がります。その結果、より多くのカロリーを体が必要とするようになるため、食事制限と組み合わせることによって、より痩せやすい体になり、効果的なダイエットにつながります。

 

多くの人は普通に筋トレをすると上半身の筋肉ばかりを鍛えやすい傾向にあります。なぜなら、上半身の筋肉、胸や腹筋、腕の筋肉を鍛えた方が「カッコいい体」になりやすいと感じているからです。しかし、これではダイエットのための筋トレとしては効果的とは言えません。

 

ダイエットのための筋トレは、大きい筋肉から優先的に鍛え、基礎代謝を上げるというのが鉄則なのです。その為、上半身よりもまず下半身の太ももの筋肉から鍛えることが推奨されます。なぜならそこが体で一番大きな筋肉だからです。まず一番大きい筋肉である太もも、そして次に胸、背中の筋肉を鍛えれば、効果的に代謝を高めダイエットにつながります。

 

逆に腕や腹筋などの小さい筋肉をいくら鍛えても代謝はなかなか上がらず、ダイエットには効果的とは言えません。よく痩せていてカッコいい人は腹筋が割れていますが、あれは脂肪がそぎ落とされて腹筋が見えた状態ですので、太っていたらいつまで腹筋をしていてもお腹は割れません。腹筋が割れたカッコいい体を目指すためにも、まずは大きい筋肉から鍛えることを心がけましょう。

 

格好をつけるためだけに筋トレをするのであればそこまで、代謝を気にすることもないのですが、美しい身体を手に入れたいのであれば考えてください。

 

トレーニングと一緒にプロテインやベジライフを飲むようにするとより効果が高まってきますよ。