女性の脂肪の付きやすい上腕三頭筋の鍛え方

女性の脂肪の付きやすい上腕三頭筋の鍛え方

上腕三頭筋は、日常的にあまり使わない部位なので、鍛えることがあまりない部位だとも聞きます。
女性で言えば、脂肪の付きやすい場所だと気にされる方が多いかもしれません。

 

そこで上腕三頭筋の鍛え方について今回は説明していきます。

 

椅子一つで鍛えられる、ディップ

 

まずは、ディップというトレーニングです。椅子、ベンチ一つあればトレーニング可能です。
後ろ向きにベンチから拳一つ分離れてベンチのふちに手を置きます。

 

それから足を前方にまっすぐ伸ばし、腕をベンチと平行になるように曲げます。
それを伸ばしたり曲げたりと繰り返します。

 

そこでの注意点は伸ばしきることはしないことです。

 

少しだけ肘を曲げた状態で、また再度したに上半身から下を降ろすというような感覚でトレーニングを続けてください。

 

上腕三頭筋を意識しながらのトレーニングとなります。胸囲部に力が入りやすくなるかと思いますが、あくまで肘のから上(上腕二頭筋の裏)を意識したトレーニングとなります。

 

フレンチプレス

 

これはダンベルを片手で握り、後頭部の裏に持っていき、もう片方の手でダンベルを握った方の腕を添える形でダンベルを下におろしながら鍛えるトレーニングです。
このときのポイントはなるべく垂直にダンベルを降ろすことです。

 

ケトルベル

 

ロシアから生まれた道具であり、先がヤカンのように丸いのが特徴です。

 

あまり名前を聞き慣れない道具ですが、これは持久力を養える良い道具といえます、上腕三頭筋を鍛える場合もよい道具として活用できます。これを背中の肩甲骨あたりまで重りを降ろすことでトレーニングの成果を得られます。

 

いずれもなかなか日常的に使わない部分のトレーニングなので、意識することは難しいかもしれません。最初は軽いものから選んで使った方が、意識しながらのトレーニングが身に着くかと思うので、無理せずに試してみてください。

 

女性の方は特に、二の腕の上腕三頭筋を鍛えることはメリットがあるかと思います。